家具をヴィンテージ風に!深みを出すペイントのコツ【DIYの基本】

知っトク

人間は、深みのあるものを好む傾向があります。

例えば、多くの人は若い女性や若い男性に魅力を感じるかもしれませんが、実は必ずしもそうでないと言われている部分があるわけです。

男性が若い女性に魅力を感じるのは、性的な欲求が強いかもしれません。

例えば子供を産める年齢の女性に対して魅力を感じるのは、子供を作りたいと言う男性の性的な本能といえます。

あるいは子孫を残すための本能と言えるかもしれないです。

一方女性も、魅力的な男性はやはり若い男性に感じるでしょう。

これも少なからず、見た目の問題もありますがやはり子孫を残すための本能的なものと言えるかもしれません。

ただ、物事には例外があり、深海を感じる人間が持てるケースも少なくないわけです。

例えば50代の男性でどう考えても若い人に叶わないにもかかわらず、深い考え方を持っている人やそれを表す顔を持っている人はどことなく女性に持っています。

芸能人などに多い傾向がありますが、一般人にもそのような人がいるわけです。

これと同じように、家のインテリアに注目しても深みのあるものはそれなりに魅力的と感じるかもしれません。

例えば家具などが存在しますが、この家具に関してもヴィンテージ物などを使うと深みが増すと言われています。

ヴィンテージものを手に入れるのは簡単ではありませんが、専門店などを見るとそのようなヴィンテージものがたくさん売られているケースがあるわけです。

それらを参考にして、自宅の部屋をヴィンテージの商品で埋め尽くしてみるのも1つの方法かもしれません。

ただ注意をしてほしいのは、昔のものを取り揃えれば良いと言うわけではありません。

その中でも、ペイント等をよく考えなければいけないと言うことです。

つまりペイントを考えると言う事は、それぞれの色の調和がとても大事と言うことです。

色の調和のポイントはいくつかあり、これは家具でも人間の洋服でもあるいは建物でも同じになりますが、基本的に地味なもの同士はそれほど難しさはありません。

例えば、ブラックとホワイトを合わせると一見お葬式のような色になると言われていますが実際はそのような事はなく、ちょうど半分半分にしなければバランスが良くなると言えるでしょう。

具体的には、アイボリーのフローリングに加えて、所々にブラックの家具などを置くことで引き締まった部屋を演出することができるかもしれません。

ブラックでなくても、ウッドブラウン等を用いることで、部屋を引き締めることができるわけです。

これにより、その部屋はいっそう深みを増すことになるでしょう。

ペイントに関しては、派手なものが良いと感じる人もいるわけです。

例えば、オレンジや黄色あるいは明るいブルーなどを用いている部屋です。

若い人を中心にそのような色を用いるケースは多く、暗いイメージはおじさんありがおばさんくさいので、なるべく明るい色で仕上げたいと感じる人もいるかもしれないです。

ところが、この明るい色に関しては、他の色との調和が非常に難しいと言われています。

特に明るい色動詞の場合には、化学反応を起こしてしまい全く魅力的な部屋や深みのある部屋に仕上がらず、どちらかと言えばバランスの悪い部屋に仕上がる可能性が高いといえます。

そのため、明るい色を用いるときにはいくつか注意をしなければいけません。

代表的な事を1つ言うと、もし1つでも明るい色を用いた場合には、もう一つは地味な色を用いることです。

例えばBlueなどを用いた場合でも明るいものならば空いてブラックと合わせるのが良いかもしれません。

ブラックでは暗いと言うならば、ホワイトなどでも良いです。

これを組み合わせれば、そこまで大きなハズレないといえます。

まい子

まい子

3歳になる娘と主人と暮らす主婦です。 娘が産まれてから、家族で快適に過ごせる部屋づくりにこだわっています。インテリア初心者さんでも簡単にマネできるアイデアを紹介しています!あなたのお部屋をステキに彩るお手伝いができれば幸いです♪

関連記事

オススメ記事

  1. ダイニング特集|北欧インテリアに合うアイテムの選び方とおすすめ商品

  2. 【2LDKリビング】狭い部屋を広く見せる家具配置の2つのチェックポイント

  3. ラグ特集|北欧インテリアに合うアイテムの選び方とおすすめ商品

  4. 家具をヴィンテージ風に!深みを出すペイントのコツ【DIYの基本】

  5. 《レッド編》インテリアの雰囲気を変える差し色の選び方

まい子

まい子

3歳になる娘と主人と暮らす主婦です。 娘が産まれてから、家族で快適に過ごせる部屋づくりにこだわっています。インテリア初心者さんでも簡単にマネできるアイデアを紹介しています!あなたのお部屋をステキに彩るお手伝いができれば幸いです♪

TOP